引越しマナー

引越し見積もり どんとこい!! TOPページ引越しマナー
引越しマナー

引越しマナー

引越し前にするべきマナー

☑ 『飛ぶ鳥、跡を濁さず』!スマートに引越ししましょう。

賃貸物件にお住まいの方にとって引越しが決まったら、最初にやらなくてはならない事が、仲介会社/管理会社への連絡です。

一般的には契約時に渡された『賃貸契約書』に契約解除に関する諸注意が書かれているはずですので、それを確認しましょう。恐らく『○ヶ月前までに報告するように』と記されていますので、期日を過ぎてしまわないようにして下さい。

大家さんや仲介会社/管理会社へのお礼と挨拶は、引越し当日に部屋の鍵を返却する際や、出発する直前に伺うのがベターです。特に大家さんには知らない内にお世話になっていることも多いでしょうから、贈り物は近所の方へ差し上げるものよりも質の高い品物を手渡すといいでしょう。

実際の引越し作業中は、どんなに丁寧に行っても物音が立ちますし、運搬のトラックが通行の妨げになるかもしれません。

近隣の方には確実に迷惑をかけることとなりますので、挨拶は旧居を去る当日ではなく、数日前から前日までに済ませておきましょう。その際は日ごろお世話になった感謝と「何日の何時ごろから作業が始まるか」を伝えておくのがマナーです。

挨拶の品は、洗剤やお菓子などの消耗品・タオルなど幾つあっても良いもの、を選びましょう。賞味・消費期限が短いものや自分がもらって困るような品はNGです。金額は1,000円位のものなら相手にも快く受け取って貰えるでしょう。

引越し後のマナー

☑ 挨拶は作業前に済ませるべし!

新居での暮らしを問題なく始める為にも、ご近所への挨拶は必ずしたほうが良いでしょう。無用なトラブルを回避できるかもしれません。

タイミングは、荷物の積み下ろしを始める前に済ますのがベスト。引越し作業で大きな音が出ますし、スタッフやトラックが住人の通行の妨げになるかもしれません。これから作業が始まることを伝えましょう。

お留守のお宅には、遅くとも翌日までには挨拶を済ませるべきでしょう。マンションやアパート等の集合住宅では両隣と上下階へ生活音が響く可能性が高いです。これらの部屋には挨拶に行きましょう。

☑ 名前を覚えてもらう為に

最近は仲介会社/管理会社から「大家さん宅に挨拶へ行く必要はありません。」と言われることも多いそうです。

できるだけ煩わしさを排除する為なのかもしれませんが、可能な限り挨拶に行くべきでしょう。

引越しの挨拶に差し上げる品は簡素なもので構わないので、熨斗をつけ名前を入れたものを用意すると効果的です。後々になって名前を間違えて覚えられていたなんてことを避ける効果も期待出来ます。

☑ 引越しの報告も忘れずに

新しい住所を知り合いに知らせることを忘れないで下さい。

友達などのフランクな仲ならメールでも良いかもしれませんが、親戚や上司など目上の方には葉書での連絡を心がけましょう。引越し後の新しい暮らしを気持ち良く始められ、新しい人間関係を良好に保つ為には最初が肝心です。

格安オーダー見積もり!どこよりも安くプランニング!見積もり入力フォーム
お問い合わせ番号 フリーダイヤル0120-915-846(受付時間11時から20時)
hakobiya All Rights Reserved.
閉じる
0120-915-846